福島県内の被災自治体で発生している要介護認定者の増加の実態から、災害時の高齢者支援のあり方や市町村支援のあり方について、どのような対応等が必要か、東日本大震災の経験を未来への教訓として残すため、被災地から発信します。

平成26年度 老人保健事業推進費等補助金 老人保健健康増進等事業
    福島県における要介護認定者増の要因分析による
必要な支援のあり方に関する調査研究事業シンポジウム

テーマ 「被災地における介護の今後」

日 時 平成27年3月23日(月) 13時30分~15時30分

場 所 福島県教育会館 第一会議室 (福島市上浜町10-38)

参加費無料 事前の申し込みは不要です
    どなたでも参加いただけます

主 催 福島大学うつくしまふくしま未来支援センター

プログラム
第1部 基調講演
「被災地における介護の今後 ~新しい介護保険制度に向けて~」

    池田 昌弘 氏(NPO法人全国コミュニティライフサポートセンター 理事長)

第2部 調査報告
「福島県における要介護認定者増の要因分析による必要な支援のあり方に関する調査研究」

    ・丹波 史紀(福島大学行政政策学類准教授)

    ・株式会社 政策基礎研究所(調査協力)

シンポジウム_チラシ.pdf