福島大学は地元の国立大学として、
   ・避難者・被災者へのボランティア支援
   ・放射性物質による汚染地域での放射線量計測
   ・農畜水産物の実害調査
   ・復興計画・除染計画などの策定支援
   ・産業経済振興支援
など、福島県や市町村、各種団体、NPOなどと連携しながら行っています。
 こうした支援・連携活動をさらに進めるとともに、長期にわたる復旧・復興への支援に組織的に対応するため、平成23年4月に「うつくしまふくしま未来支援センター」を立ち上げました。

 このたび、復興支援のための研究を相互に深め合うことを目的として、定期研究会を下記の通り開催いたしますのでお知らせいたします。
 この定期研究会を通じて、当センターの活動を深めていきたいと考えています。興味・関心のある方は、奮ってご参加ください。(学生参加も歓迎します。)

    うつくしまふくしま未来支援センター定期研究会(第2回)

   日 時  平成24年5月16日(水) 16時~ 2時間程度

   場 所  M-1教室

   研究発表 
     ○天野 和彦(企画コーディネート部門):
        東日本大震災における仮設住宅等のコミュニティ 形成支援モデルについて

     ○高木 亨(復興計画支援部門):
        大学生の力を活用した集落活性化の取組と原子力災害の影響
                
※研究会は今後、毎月第3水曜日の15時から開催する予定です。

(夏期・春期休業中を除く。大学の行事などの関係で日程が変更になることがあります。) 

   第3回は、6月20日(水)の開催を予定しています。奮ってご参加下さい。

   お問い合わせは  fure@adb.fukushima-u.ac.jp まで。