1月25日(日)、13時より福島県文化センター2階会議室にて、標記の会を開催いたします。

皆様のご参加をお待ちしております。

主催:ふくしま歴史資料保存ネットワーク事務局

共催:公益財団法人福島県文化振興財団
後援:福島県教育委員会、福島県史学会、福島大学うつくしまふくしま未来支援センター、福島民報社、福島民友新聞社

開催趣旨:東日本大震災と原子力災害で被災した地域の歴史・文化遺産の保護について、さまざまな分野の専門家による現状報告と情報交換を行い、今後の協力関係のあり方を議論する機会とする。

入場:無料 (どなたでも参加できます)

日 程
12:30 受付開始

※福島大学生による史料の記録撮影の実演を行います。

13:00 開 会

13:05 報告1「文書資料保全の経緯と現状(仮題)」阿部 浩一

13:30 報告2「考古資料の保護活動と課題(仮題)」菊地 芳朗

13:55 小休憩

14:00 報告3「無形の文化財の保護活動(仮題)」 懸田 弘訓

14:25 報告4「植物史資料の保全と現状(仮題)」 黒沢 高秀

14:50 休憩 ※福島大学生による史料の記録撮影の実演を行います。

15:10 情報交換・ディスカッション 司会 本間 宏

16:30 閉 会

連絡先:ふくしま史料ネット事務局 e-mail shiryo-net@ipc.fukushima-u.ac.jp