福島で起きている災害弱者の孤立化、震災関連死等の問題は、今後、少子高齢化社会が激化する中で日本各地に出現する諸問題と共通性を持っている。これまで地方が内包してきた第一次産業の衰退や少子高齢化等の問題は、今後、日本各地で激化する深刻な問題だが、そうした諸問題が、福島では東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故を契機に急速に表面化した。福島の地域復興の現状を把握し復興を進めるとともに、その復興過程で得られる経験(工夫・知恵)を、復興のみならず今後の地方復権・創生につなげ、「復興知・支援知」として活かし発信していくことは重要である。その為に、私たちは大震災・原発事故から何を学び何から始めなければならないのか、市民、学生など参加者にこの課題を提起し探究する。

事前申し込み制をとっております。

ご好評により定員に達し、参加お申込みの受付は終了いたしました。

(当日、参加をご希望されても席を用意することはできません。)



シンポジウム

  「ほんとの空が戻る日まで-福島の復興と地方創生-」

日時 2015年11月8日(日) 13:00~17:30

会場 一橋大学一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内)


参加費無料

参加対象 一般市民、大学関係者、学生、行政職員、福島県から避難している方 他


主          催 国立大学法人福島大学、公立大学法人福島県立医科大学

後援(予定)   文部科学省、復興庁、福島県、双葉地方町村会、公益社団法人経済同友会、日本放送協会福島支局、

福島テレビ、福島中央テレビ、福島放送、テレビユー福島、ラジオ福島、ふくしまFM、朝日新聞、讀賣新聞、

毎日新聞、日本経済新聞、福島民報社、福島民友新聞社

協   力 国立大学法人一橋大学、伊藤園

【プログラム】

Ⅰ部 特別鼎談 「未来を拓く開拓者たち~復興と人づくり・地域づくり~」

  登壇者

   小泉進次郎氏 衆議院議員・ふたばの教育復興応援団

   糸井重里氏  ほぼ日刊イトイ新聞主宰

   開沼 博   FURE特任研究員

Ⅱ部 福島の現状報告

  報告者

   うつくしまふくしま未来支援センター活動報告 

       中田 スウラ FUREセンター長

   福島県立医科大学報告            

       谷川 攻一  福島県立医科大学副学長

   FURE食・農復興支援担当報告       

       小山 良太  FURE副センター長

   FURE放射能汚染対策担当報告       

       塚田 祥文   FURE部門長

Ⅲ部 パネルディスカッション 「福島の復興と地方創生」

    モデレーター  

      山川 充夫氏 帝京大学教授(福島大学名誉教授)

    パネリスト

      清水      潔氏  明治大学特任教授・元文部科学事務次官

      齋藤 喜章氏  特定非営利活動法人ふくしま飛行協会理事長

      髙島 宏平氏  オイシックス株式会社代表取締役社長

      竹之下  誠一   福島県立医科大学復興担当理事

      本多     環    FUREこども・若者支援部門特任教授

                FURE=福島大学うつくしまふくしま未来支援センターの略

※シンポジウムの妨げになる行為がある場合は、ご退場いただくことがあります。

チラシはこちら → 東京シンポジウム1.pdf 5.8MB