運営協力団体等

うつくしまふくしま未来支援センターは企業等からのサポートを受け様々な支援活動を行います。

    エスエス製薬株式会社様のサポートを受け、以下の事業を実施しております。

  • 仮設住宅等での健康支援
  • 福島の夢を応援
  • 女性の健康・元気支援 など

「健康」をテーマに、エスカップの製品コンセプトである「前向きな気持ち」を届ける活動を行っております。具体的な支援活動は「うつくしまふくしま未来支援センター」が決定していきます。




野村證券株式会社様と「震災復興に関する連携協力協定」を締結いたしました。

野村證券株式会社様が持つ支店等ネットワーク、各シンクタンクを活用し全国調査や復興支援に関する政策提言に関する助言をいただくなど福島の復旧・復興にご支援いただく予定です。




三菱UFJニコス株式会社様のご支援により「同窓会事業」を実施しております。

福島では、もう一度クラスメートに会いたい」「もう一度あのお祭りに参加したい」それが「夢」として語られる状況にあります。
平成23年3月11日に発生した地震・津波、そして原発事故に伴い、被災地域の多くの子どもや保護者が県内外へと避難しました。震災前は、郷土のよさにふれながら、自分を取り巻く人・こと・ものと関わり合いを深めることが当たり前のようにできていました。しかし、「もう一度同じクラスだった友だちと一緒に学習したい」「もう一度あの町のあの場所に行きたい」「もう一度あのお祭りに参加したい」と、郷土に想いをよせることが「夢」として語られる現状にあります。そこで福島大学うつくしまふくしま未来支援センターは文部科学省からの委託を受け、児童・生徒、そしてその保護者が参加し、交流を深める場として『同窓会』を企画しました。この「同窓会」に参加していただき、今一度、郷土の良さを感じたり見つめ直していただければと考えております。三菱UFJニコス株式会社様から当事業の運営に必要な資金の提供をいただいております。また、毎回、社員の皆様がボランティアとして運営にご協力いただいております。




三菱UFJニコス株式会社社員の皆様のご支援により「こども・若者支援部門」において事業を実施いたします。

三菱UFJニコス株式会社社員の皆様からいただきました寄附金により、被災地のこどもの学び・遊び支援、保護者に対する教育相談活動。中学生、高校生を対象にした職場見学、インターンシップ事業等を実施しております。




ニコン株式会社様のご支援により「同窓会事業」を実施しております。

福島では、もう一度クラスメートに会いたい」「もう一度あのお祭りに参加したい」それが「夢」として語られる状況にあります。
平成23年3月11日に発生した地震・津波、そして原発事故に伴い、被災地域の多くの子どもや保護者が県内外へと避難しました。震災前は、郷土のよさにふれながら、自分を取り巻く人・こと・ものと関わり合いを深めることが当たり前のようにできていました。しかし、「もう一度同じクラスだった友だちと一緒に学習したい」「もう一度あの町のあの場所に行きたい」「もう一度あのお祭りに参加したい」と、郷土に想いをよせることが「夢」として語られる現状にあります。そこで福島大学うつくしまふくしま未来支援センターは文部科学省からの委託を受け、児童・生徒、そしてその保護者が参加し、交流を深める場として『同窓会』を企画しました。この「同窓会」に参加していただき、今一度、郷土の良さを感じたり見つめ直していただければと考えております。ニコン株式会社様から当事業において、子ども達が思い出を残すためのカメラ100台ご提供いただきました。また、毎回、社員の皆様がボランティアとして運営にご協力いただいております 。




シンガーソングライター堀下さゆり様のご支援により「同窓会事業」を実施しております。

福島では、もう一度クラスメートに会いたい」「もう一度あのお祭りに参加したい」それが「夢」として語られる状況にあります。
平成23年3月11日に発生した地震・津波、そして原発事故に伴い、被災地域の多くの子どもや保護者が県内外へと避難しました。震災前は、郷土のよさにふれながら、自分を取り巻く人・こと・ものと関わり合いを深めることが当たり前のようにできていました。しかし、「もう一度同じクラスだった友だちと一緒に学習したい」「もう一度あの町のあの場所に行きたい」「もう一度あのお祭りに参加したい」と、郷土に想いをよせることが「夢」として語られる現状にあります。そこで福島大学うつくしまふくしま未来支援センターは文部科学省からの委託を受け、児童・生徒、そしてその保護者が参加し、交流を深める場として『同窓会』を企画しました。この「同窓会」に参加していただき、今一度、郷土の良さを感じたり見つめ直していただければと考えております。堀下様からテーマソングとして「この街に咲く花のように」をご提供いただきました。




キリン株式会社のご支援により「ふくしま復興塾」を開講しました。

キリン株式会社のご支援により、平成25年から2年間、若者を対象に「ふくしま復興塾」を開設し、福島復興に向けた講座を開設して、これからの福島の未来を創り担っていく若者、福島で求められている課題に自らの意思でビジョンを描き実行できるリーダーとなる若者の育成に努めてまいります。(「ふくしま復興塾」は一般社団法人化し平成27年3月末をもって当センターから独立いたしました)




JAバンク福島様、農林中央金庫福島支店様のご支援により放射線教育、防災教育を実施いたします。

JAバンク福島様、農林中央金庫福島支店様、そして預金者の皆様のご支援により、小中学校、地域において放射線教育を実施しております。防災教育については、東日本大震災・ふくしまの教訓を生かしたシミュレーション教材「さすけなぶる」を作成し、これを全国に普及させる活動を行っています。




CWS Asia/Pacific様のご支援により下記事業を実施いたしました。

CWS Asia/Pacific様のご支援により「放射性物質分布マップの作成とデータの共有を通じた福島の農業再生のためのプロジェクト」(平成24年11月から平成26年3月)を実施いたしました。

We conducted a "Project for Regeneration of Agriculture in Fukushima through Preparation of Radioactive Material Distribution map and data sharing" until March 2014 than in November 2012 by the support of CWS Asia/Pacific.
CWS1.pngCWS2.png




連携協定を締結している機関

野村證券株式会社
京都大学大学院医学研究科
愛知大学中部地方産業研究所
法政大学サステイナビリティ 研究教育機構
株式会社スマートコミュニケーションズ
「日仏国際的共同研究人間防御と災害対応」においてフランス外務省、フランス国立科学研究センターリール第一大学、同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科




福島大学との協定により連携し活動を行っている機関


福島県
南相馬市
白河市
本宮市
双葉郡8町村(広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村)
飯館村
国立大学法人広島大学




このようにセンターと一緒に「ふくしま」を支援してくださる企業・団体等を募集しています。

寄附金には税制上の優遇措置が講じられております。

  • 個人の場合:寄付金控除の取り扱いができます。(所得税法第78条)
  • 法人の場合:全額「損金」に算入できます。(法人税法第37条)


  • 寄付金の手続き方法、必要書類等については
  • 奨学寄付金について
  • に記載されております。

    その他、ご不明な点がございましたら、福島大学うつくしまふくしま未来支援センター副センター長兼務事務室長 :山崎 までお問い合わせください。

連絡先

電話・FAXでのお問い合わせ

TEL: 024-504-2865

FAX: 024-504-2865

受付時間/9:00~17:00

メールでのお問い合わせ

fure@adb.fukushima-u.ac.jp