FUREは大地震・津波による大災害と放射能汚染によって避難を余儀なくされた福島の被災者と被災地域の復旧・復興を支援します
更新情報
  • HOME »
  • 更新情報 »
  • お知らせ

お知らせ

<参加者募集>「食育から生きる力を養うワークショップ」を開催します!

震災から7年。 双葉郡の子どもたちの体力低下や肥満が指摘されています。 運動不足、長期にわたる避難生活のストレス等さまざまな要因が考えられますが、 食への関心が希薄になっていることも、 学習意欲や不登校など生きる力の低下 …

相双地域支援サテライト川内分室の職員を募集します!

福島大学では、福島県相双地域市町村の東日本大震災からの復興及び住民の帰還等を支援するため、楢葉町(楢葉本所)、川内村(川内分室)、南相馬市(南相馬分室)に「地域支援サテライト」を設置し、活動を行っています。 この度、大学 …

(引き続き申込受付中!)9/25福島市でシンポジウムを開催します!

申込締切を9/11までとしていましたが、引き続き申込受付中です! 当センターでは、福島県教育委員会との共催により、下記のとおりシンポジウムを開催いたします。 本シンポジウムは、東日本大震災で甚大な被害を受けた被災地の学校 …

オープンキャンパスにて震災収集資料を展示します

福島大学のオープンキャンパスが8月5日(日)に実施されます。 うつくしまふくしま未来支援センターでは、S棟1階において震災収集資料の展示をいたします。 福島県は震災・津波・原発事故を忘れないため、東日本大震災当時の経験を …

「防災リーダー育成プログラム」参加者募集中!

「防災リーダー育成プログラム」では、被災地見学、災害対応キャンプ、避難所運営体験等を通して、防災に関する知識や技術を身に付けるだけではなく、自分らしさを活かしながら協働し、よりよい社会を作ろうとする力を育むことを目的とし …

『第2回双葉郡住民実態調査 調査報告書』について

福島大学うつくしまふくしま未来支援センターでは、平成29年2月に第2回目の「第2回双葉郡住民実態調査」を実施し9月に中間報告書を公開しました。この度、仕事・住まい・健康などについてより詳細な分析を加え、本調査の結果を調査 …

平成30年2月24日「ほんとの空が戻る日まで-震災の記録と教訓を残し、未来に活かす-」シンポジウム開催について(終了しました)

東日本大震災・原発事故から7年が経過しようとしている現在、大きく損なわれた地域固有の歴史・文化・自然とともに、震災によって発生したさまざまな物的・電磁的記録を保全し、未来に伝えていこうとする動きが次第に強まり、復興推進の …

福島県内5JA及びJAバンクサポート基金からの寄附金贈呈式を実施

うつくしまふくしま未来支援センターでは、農林中央金庫福島支店(福島県内5JA)及び一般社団法人JAバンクアグリ・エコサポート基金からの寄附金230,710円の受け入れを決定し、12月21日(木)、学長室において寄附金贈呈 …

仙台国際センターにおいてFUREシンポジウムを開催

11月27日(月)午後、防災推進国民大会(ぼうさいこくたい)2017の団体別セッションとして、仙台市の仙台国際センター展示棟においてFUREシンポジウム「東日本大震災・原子力災害からの教訓」~大規模複合災害を通して防災を …

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト2017「アートで伝える考える福島の今、未来展」12月9日~12月21日開催(終了しました)

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトは、2012年から福島県立博物館が福島県内の文化施設、大学、NPO等と行っているアートプロジェクトです。今年度第2回となる成果展を、福島大学うつくしまふくしま未来支援センター(通称F …

1 2 3 25 »

お問い合わせ

  • [担当]
    うつくしまふくしま未来支援センター
  • [TEL/FAX] 024-504-2865
  • [E-mail] fure@adb.fukushima-u.ac.jp
PAGETOP
Copyright © うつくしまふくしま未来支援センター All Rights Reserved.