福島大学うつくしまふくしま未来支援センターでは、東日本大震災で起きた様々な実例から教訓を学んでいく、新しい防災教育ツールの開発プロジェクトを推進しています。『さすけなぶる』は、東日本大震災・ふくしまの避難所運営で実際に起きた問題を解決していきながら学習するワークショップ型防災教育ツールです。

『さすけなぶる』という教材は、誰にでもファシリテーターができる教材ではありません。偏った知識や考え方でこの教材を実施してしまうと、目指す方向性とは違った考えをもってしまう可能性があるからです。必要な知識・技術・マインドを身に着けて共に教訓を伝えていく仲間を募集しています。

詳細はさすけなぶる公式HPまたは募集チラシをご確認ください!