東日本大震災・原発事故から7年が経過しようとしている現在、大きく損なわれた地域固有の歴史・文化・自然とともに、震災によって発生したさまざまな物的・電磁的記録を保全し、未来に伝えていこうとする動きが次第に強まり、復興推進の大きな力になっています。本シンポジウムは、福島県の被災地において残存する資料や記録の保全と活用に取り組むさまざまな活動を紹介し、将来の大規模災害にいかに備え、活かしていくべきかについて議論します。

開催日時:2018年2月24日(土) 13:00~17:30
会   場:東北大学 片平さくらホール(仙台市青葉区片平2-1-1 東北大学片平キャンパス内)

【シンポジウム構成】
〈13:00~13:15〉 挨 拶
〈13:20~14:20〉 基調講演 「災害記録を未来に活かす -古代ポンペイの調査を通じて-」
青柳 正規 氏  東京大学名誉教授(前 文化庁長官)

〈14:30~15:45〉 福島の現状報告
「福島の現状と課題」                   初澤 敏生  FUREセンター長
「避難所運営シミュレーション教材による取組み」  天野 和彦  FURE地域復興支援部門 特任教授
「『社会力』の向上を目指した防災教育」       本多 環    FUREこども支援部門 特任教授
「震災関連資料の収集と保存」             柳沼 賢治  FURE地域復興支援部門 特任教授

〈16:00~17:25〉 パネルディスカッション
テーマ:「震災の記録と教訓を残し、未来に活かす」
モデレータ:菊地 芳朗  FURE地域復興支援部門長
パネリスト
○佐藤 大介 氏  東北大学災害科学国際研究所 准教授
○髙木  亨 氏   熊本学園大学社会福祉学部 准教授
○佐藤 孝雄 氏  岩手県山田町職員
○瀬戸 真之     FURE地域復興支援部門 特任准教授

〈17:25~17:30〉  挨 拶

※FURE=うつくしまふくしま未来支援センターの略

参加費等   参加費は無料、事前の申し込みが必要です。もちろん当日も受付可能です

申込みはコチラ→http://ws.formzu.net/fgen/S49345558/

FAXでの申込みも受け付けております。
シンポジウムの詳細や申込書は、下記チラシ↓をご覧ください