「日本赤十字社ユースボランティア東日本大震災被災地訪問活動2015」

2月26日(金)、東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所事故災害から5年が経過する福島県を訪れた「日本赤十字社ユースボランティア東日本大震災被災地訪問活動2015」訪問団(全国の大学等から参加の学生赤十字奉仕団・青年赤十字奉仕団55名)との交流活動を福島市内の日本赤十字社福島県支部会議室において開催し、うつくしまふくしま未来支援センター(FURE)のスタッフが「福島の今」を伝えました。 午前の部では、中田スウラセンター長による歓迎挨拶、集合写真撮影に続いて、FUREのスタッフ3名が講義しました。 ① 「子ども支援を通して見えてきたこと~教育支援の充実を目指して~」 こども・若者支援部門 こども支援担当    本多 環特任教授 ② 「放射線の基礎知識と食品中の放射能」        農・環境復興支援部門 放射能汚染対策担当 大瀬 健嗣特任准教授 ③ 「原子力災害被災地域の取り組みと食と農の再生~今だから共有してもらいたい  情報~」農・環境復興支援部門 食・農復興支援担当  小松 知未特任准教授 午後の部では、震災直後から仮設住宅等で被災者の支援活動を行っている福島大学の学生団体「福島大学災害ボランティアセンター」学生16名も参加した「ワークショップ~被災者に向きあう。今、学生が(学生だから)できる支援活動~」を実施し、支援活動等(仮設住宅いるだけ支援など)の取組み紹介に引き続き6グループに分かれて討議を行い、最後に各チームが発表しました。

投稿者:
千明事業コーディネーター
日 付:
2016/3/ 1

第4回「福島県内大学等復興支援センター連絡会」を開催しました。

うつくしまふくしま未来支援センターでは、2月5日(金)午後、東日本大震災・福島第一原発事故後に福島県内の大学及び高専が設置した復興支援センター又は復興支援室における復興支援活動等の取り組みに関する情報交換並びに福島復興・再生に向けた今後の課題などを共有するため、第4回福島県内大学等復興支援センター連絡会をセンター大会議室にて開催した。 今回のセンター連絡会では、構成員大学の復興支援活動の取組み状況等に関する討議のほか、復興庁福島復興局の担当者から、「集中復興期間」(平成23~27年度の5年)経過後の「復興・創生期間」(平成28~32年度の5年)に向けた「東日本大震災からの復興の加速化への方針」並びに平成28年度復興予算などについて説明を受けた。 ※「福島県内大学等復興支援センター連絡会」構成大学等 ○会津大学復興支援センター、 ○福島県立医科大学災害医療総合学習センター、 ○いわき明星大学・東日本国際大学いわき地域復興センター、 ○日本大学工学部ふるさと創生支援センター、 ○福島大学うつくしまふくしま未来支援センター、 ○福島工業高等専門学校地域復興支援室

投稿者:
千明事業コーディネーター
日 付:
2016/2/ 8

熊本県立宇土高等学校2年生40名が来訪し学生と懇談しました。

12月3日、本県を修学旅行で訪れている熊本県立宇土高校2年生約240名のうち、40名が当センターでセンター教員、学生と懇談し、福島のこども達の現状、福島の農業の現状や課題について学びました。

投稿者:
やまざき(うつくしまふくしま未来支援センター)
日 付:
2015/12/ 7

11月8日(日)開催「ほんとの空が戻る日まで-福島の復興と地方創生-」シンポジウムについて(参加受付中)

福島で起きている災害弱者の孤立化、震災関連死等の問題は、今後、少子高齢化社会が激化する中で日本各地に出現する諸問題と共通性を持っている。これまで地方が内包してきた第一次産業の衰退や少子高齢化等の問題は、今後、日本各地で激化する深刻な問題だが、そうした諸問題が、福島では東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故を契機に急速に表面化した。福島の地域復興の現状を把握し復興を進めるとともに、その復興過程で得られる経験(工夫・知恵)を、復興のみならず今後の地方復権・創生につなげ、「復興知・支援知」として活かし発信していくことは重要である。その為に、私たちは大震災・原発事故から何を学び何から始めなければならないのか、市民、学生など参加者にこの課題を提起し探究する。 シンポジウム 「ほんとの空が戻る日まで-福島の復興と地方創生-」 日時 2015年11月8日(日) 13:00~17:30 会場 一橋大学一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内) 参加募集人数 450名 事前申し込みが必要です。 〆切は10月20日(火)ですが、定員になり次第、締め切ります。お早めにお申し込みください。 申込みフォームURLはこちらです。 → http://ws.formzu.net/fgen/s51615164 参加費無料 参加対象 一般市民、大学関係者、学生、行政職員、福島県から避難している方 他 【プログラム】 Ⅰ部 特別鼎談 「未来を拓く開拓者たち~復興と人づくり・地域づくり~」  登壇者 小泉進次郎氏 衆議院議員・ふたばの教育復興応援団 糸井重里氏  ほぼ日刊イトイ新聞主宰 開沼 博   FURE特任研究員 Ⅱ部 福島の現状報告 報告者 うつくしまふくしま未来支援センター活動報告  中田 スウラ FUREセンター長 福島県立医科大学報告             谷川 攻一  福島県立医科大学副学長 FURE食・農復興支援担当報告        小山 良太  FURE副センター長 FURE放射能汚染対策担当報告        塚田 祥文  FURE部門長 Ⅲ部 パネルディスカッション 「福島の復興と地方創生」  モデレーター   山川 充夫氏 帝京大学教授(福島大学名誉教授)  パネリスト 清水 潔氏 明治大学特任教授・元文部科学事務次官 齋藤 喜章氏 特定非営利活動法人ふくしま飛行協会理事長 髙島 宏平氏 オイシックス株式会社代表取締役社長 竹之下 誠一 福島県立医科大学復興担当理事 本多  環 FUREこども・若者支援部門特任教授

投稿者:
うつくしまふくしま未来支援センター
日 付:
2015/10/ 8

全国大学生活協同組合連合会「福島視察ツアー」一行がFUREを訪問

9月18日(金)、全国大学生活協同組合連合会の「福島視察ツアー」一行が福島大学うつくしまふくしま未来支援センター(FURE)を訪れました。 当日は、FURE農・環境復興支援部門スタッフが東日本大震災並びに東京電力福島第一原子力発電所事故の災害から4年6カ月が経過する福島県の現状についての説明を行いました。  今回の全国大学生活協同組合連合会「福島視察ツアー」の目的は、同連合会の「平和と社会的課題委員会」震災復興タスクが2016年度委員会活動の一環として行う、震災復興支援活動方針を策定するために、原発事故被災地である福島県を視察訪問したもので、東京、大阪・兵庫・和歌山、東北、東海の各ブロック代表学生4名と全国大学生活協同組合連合会事務局スタッフ4名の計8名からなる視察団です。 福島視察ツアーは、9月17日、18日の2日間にわたって福島県を訪れたもので、初日は飯舘村、富岡町、南相馬市小高区などの被災地を視察し、翌日はFUREを訪問して、FUREスタッフ2名から「放射線の基礎知識と食品中の放射能」、「原子力災害被災地域の取組みと食と農の再生~今だから共有してもらいたい情報~」に関する詳細な説明を受けました。 このたびの全国大学生活協同組合連合会「福島視察ツアー」一行のFURE訪問は、去る7月4日(土)、東京において開催された復興庁主催「新しい東北」官民連携推進協議会ミーティングin東京に出展したFUREブースを訪れていただいた際にご相談があり、今回の福島視察ツアーでのFURE訪問へとつながったものです。

投稿者:
千明
日 付:
2015/9/28
Page 1 of 11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
アーカイブ
2016年3月(1)
2016年2月(1)
2015年12月(1)
2015年10月(1)
2015年9月(4)
2015年3月(1)
2014年12月(1)
2014年9月(1)
2014年8月(3)
2014年7月(4)
2014年1月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(1)
2013年10月(2)
2013年9月(1)
2013年5月(1)
2013年2月(1)
2013年1月(1)
2012年11月(1)
2012年10月(4)
2012年8月(2)
2012年7月(2)
2012年6月(1)
2012年5月(5)
2012年4月(18)
2012年3月(1)

このページのトップへ